メニュー

汚れきった日々

いつもの道を歩く途中に

いくつもの日々を思い出す

憎い奴がいたな

少しだけ心交わした奴もいたな

今も好きな人もいたな

幸せのつかみ方を

知らないまま大人になる

その途中の今を思えば

涙が流れる
あの時の悲しみを

あの時の喜びを

あの時の愛しさを

思い出と言えたなら

今あるのが幸せと

苦しまない日々だからと

誰にでも言うことが

できただろう

殴られ蹴られた日々を

物を盗まれた日々を

靴にバッタ入れられた日々を

ひそかに愛しさ抱えたまま

逃げ切れた今はもう

愛しさの先にあるのは

ああ

空を見上げた日々と同じ

届かぬ想い

詩・随筆