メニュー

ソリに乗った夢

今日は夢を見た

なんかソリに乗ってた

現実よりも雪は積もってた

どこいくのかもわからず土手町に出た

スピードまして坂道下るときに

あなたの名前を叫びました

だからせめてもう少し会えたらいいのにな

あなたに

久々の夢だから

なおさら考えてしまう

停電したときだってあなたが心配だった

それなのに結局いつもあなたには会えないまま

思えば中2からずっとそう

憎い奴らとあなたがいたときからそう

ずっとそうだろうなと思うと怖いなぁ

詩・随筆