メニュー

あれから

あれからいくつもの日々過ごしただろう

あなたを好きになってから

嫌なことも楽しいこともなぜか

あなたがいるこの世界のことだからなんて考えてる

前会ったときだって一目でわかった

いつもあなたのことばかりだったから

今もあなたを好きなことに変わりはないけど

少しだけ、自分のそばにいてほしいなんてことを

望みながら 沈みながら 心の底で考えてる

あなたが誰といようと 気持ちに変わりはないけど

せめて会えるだけの保証が欲しい

文字だけでもいい

ちょっとした日々の苛立ち、憎しみ、そんなものでいいから

どこかであなたとつながっていたい

詩・随筆