メニュー

復讐

人間は復讐をしようと思うことがある

そしてそれが大きな気持ちであればあるほど

それのために生きようという気持ちが強くなる

そして多分

それが長い期間であればあるほど

強い理由であればあるほど

復讐しなければならない気持ちが自分を苦しめるのかもしれない

しかし、復讐してしまえばしてしまったときで、

その復讐という目的がすっかり抜け落ちたことにより

生きる意味を失うこともあるかもしれない

いや、むしろ、復讐をやめることができない、つまり

復讐しなければならないという、ただその歴史がその人の中で

続いていく

あるいは復讐のやり方が、大きいものであれば、

もはや罪悪感すら感じるときもあるかもしれない

そうやって、なぜか、復讐心にとりつかれたかのような

そうなることもある

それが人間なのだろう

詩・随筆