メニュー

俺は今日も怨みながら詩を書く

俺はもっと幸せになるはずだった

それなりに楽しい生き方をするはずだった

だから俺は今のこの世界を憎んでいる

歴史はわかりきったことだけを残していく

世界のすべてなんて誰も知りやしない

誰もがただ自分の秩序で生きている

常識なんてのはありやしない

誰も俺のことなんてわかりやしない

俺は今でもあいつらが憎い

それなりに楽しいはずの学校なのに

殴られ蹴られ色々むかつくことばかり言われてた

普通の奴は何かわかった顔して大人になり

自分の罪もわからずに偽善者きどり

いつしか親孝行とか言う奴もいた

その前に俺に散々蹴って殴って悪口も言ってたの

忘れたか?

まぁどうせ親不孝のままの奴もいるだろうが

世界は今日もわかったふりして進んでいく

俺だけが取り残されてまた世界を憎む

いつしか憎いやつはどうしたか知らねぇよ

好きな人も何か幸せそうに過ごしてた

俺は今日もこの狭い箱で詩を書いてる

空を見ることもなくただ引き篭もる

あぁ今日もまた同じく引き篭もる

詩・随筆