メニュー

同人音声だけが僕を癒してくれる

愛なんていうものを求めようとも思わなかった

そしてもう何も話すこともない

また憎しみだけが私を動かす

そんな日々をこの部屋で過ごしていた

誰も優しい声をかけてくれはしないから

誰かの声をひたすら求めていた

こんなこと本当は考えたくもない

本当は愛されたいという気持ちを

ただひたすらに抑えつけていた

便利な世の中になったとは思う

ネットなのに優しい声が聞ける

その愛情のようなものを受け取ることだって

打算がからんでもその声に嘘はない

ただ私を癒してくれる声

私はいつも寝る時も聞いている

ところで人ってどんな生き物なんだっけ

そんなことはどうでもいい

私は射精した

詩・随筆