メニュー

こんな世界で

きっと多分今日も楽しそうな奴らばかりなんじゃないかと思う

俺は誰も見ていないから知らないけれど

抑圧された日本みたいには思ってるけれど

きっと正義ぶってる奴も不幸なフリしてる奴らも楽しそうにしてるんじゃないかと思っている

実際見てないから知らないけど、今まで通りの世界ならそんなところだろう

そして適当にいい人のフリをしてる奴らが自分たちが普通かのように振舞っているのだろう

差別主義者やミーハーな奴らが今日もありもしないものを批判し楽しんでいるのだろう

誰かが適当に言ったことを都合よく解釈して、差別を楽しみ笑っているのだろう

そして、ろくでもないものにはまって、適当に仲間をきどって踊って歌っているのだろう

落とす必要のない金を知らず知らずのうちに平気で落として、必要な人には何も与えないのだろう

永遠かもわからない愛のようなものをまるで誇るかのように見せつける奴らもいるのだろう

その傍らで、孤独を抱える美しい人々をまるで異常者かのように扱おうとするのだろう

そして、隣にいる奴は常に変わり、まるで何かを果たしたかのように奴らは満足し別れるのだろうか

俺はそんなことを知ろうとも思わない

そんな世界だからこそ、優しさのほとんどが打算で動いている世界だからこそ、

俺は孤独な人を信じる、人を恐れ人を恨む人こそを信じる

いつも暗い過去とともに生きていく人を信じる

自分もその一人だからこそ、そう思う

詩・随筆