メニュー

汚れた男たちがさまようこの世界で

くだらない男たちが今日もきっと笑っている

童貞でないことだけを自慢している野郎どもさ

自分の卑劣さにも気付かず

人を傷つけることしかできない奴らだ

まるでそれを正義のように語り

そうでない人を悪のようにふるまおうとする

人の話には一切耳を傾けず

人の憎しみは平気で笑い飛ばすのだろう

そんな奴らがあふれる日本で、

いったい誰が、人を救うことができるというのか
汚い偽善者たちは今日も、いい人をふるまい

自分の行いを正当化しようとしている

人の悲しみは何も知らず

人の憎しみも何も知らず

ただ自分の思うとおりのことをする
いったい誰がこの世界で、俺を救うのだろうか

俺に童貞の捨て方を教えてください

詩・随筆