メニュー

誰もが悲しまない日

この抑圧された国では

マナーの押し付けが最近は非常に流行のようである

礼儀正しいことが何よりも優先され

自分の意見はすべて押しつぶされ

不満があってもすべてを飲み込むしかない

今でも軍国主義の象徴をかかげて

国歌の斉唱を押し付ける軍部の信者達がはびこる

天皇はいったい誰を救ったのだろうか

全員が幸せに生きているとでも思っているのだろうか

無駄な信仰だけで生きていけるものではない

割と人間の心は適当なものだから

誰かの意見に便乗する奴らばかりいる

割と人間の心は繊細なものだから

誰かの支えがないとすぐに狂う

誰かが幸せであるときも誰かが不幸でいる

誰かの血が流れているときでさえ知らない誰かは笑っている

そんな世界の中でいったい

いつになれば誰もが悲しまない日が来るのだろうか

詩・随筆