メニュー

日本の怖さ、世界の怖さ

日本は決して安全な国ではない

地上では

何の予告もなしに無差別の殺人が起こり

車は暴走し人の群れに突っ込むこともある

バスに乗れば運転手の居眠りで事故が起こり

バスジャックだって起こらないとも言えない

電車も新幹線もこれまたバスと同様なことがあり得る

上空では飛行機に乗れば墜落しないとも限らない

安全を求め地下に住もうとするならば

地震が起こり崩れる可能性もあり得る

カプセルに住むことにするにしても

誰かが呼びかけをしなければ

閉じ込められたままもあり得る

家が安全とも限らないし

家以外はもっと危険だけれど

いったい安全というのはなんなのだろう

本当はそんなもの勘違いにすぎないのだろう

人間はギリギリのところで生きている

それをやりくりしていくしかないのだろう

考え始めたらきりがない

誰を信じたらいいのかもわからない

味方は誰だ?

安全な場所はどこだ?

詩・随筆