メニュー

クリスマスの夜

今日はクリスマスの日

リア充どもが戯れているだろう日だ

いつも部屋にいる俺にとっては何の意味もない

強いて言えば少しむかつくくらいだ

俺には好きな人がいる

面と向かって話すことなんてほとんどなかったけど

その姿も声も今でもはっきりと思いだせる

俺は夢ではその人と一緒にいることがけっこうある

それはそれで少し悲しいものでもあった

俺は今その人のことで頭がいっぱいになっている

でもきっとあの人は奴と一緒に居るんだろう

幸せに今と言う時を過ごしているんだろう

俺はこの狭い部屋で今と言う時を

あの人のことを考えて過ごしている

欲求不満だからなおさら深入りしている

俺の手はいつの間にか自分の性器に向かっていた

俺はあの人のことを考えている

一人で寝ているこのベッドで

もうすぐ射精するだろう

もうすぐ射精するだろう

(クリスマスの鐘の音が鳴る)

あぁ…

俺はいったい何(ナニ)をしていたんだろう

詩・随筆