メニュー

癒しをください

あのころ 僕は いじめられ

いまでも 僕は うらんでる

そうして 僕は もう

あのころ 僕は いじめられ

いまでも 僕は うらんでる

そうして 僕の 心はもう

誰も うけつけは しない

誰に対しても 親切で

何に対しても まじめで

誰に殴られても 黙っていた

そうした 日々が 続いた

僕は 狭い 部屋の中で

ありもしない 愛を求めた

誰か 癒しを ください

誰か 癒しを ください

詩・随筆