メニュー

ずっと孤独なんだと思っていた。

ずっと、孤独なんだと思っていた。

確かに、自分がそう思えばそうなのかもしれない。

でも実際には、自分よりもっと、寂しさを感じている人はいると思うし、

何より、自分は、孤独を感じている、いない以前に、

恵まれていたと思う。

ずっと、一人なんだと思っていた。

確かに、自分がそう思えばそうなのかもしれない。

でも実際には、自分が一人だと思っている人はいる。

何より、人間は、一人だと感じるかどうか以前に、

最初も、最後も、一人なのかもしれない。

でも、孤独を感じることが出来たなら、

きっと、誰かの孤独をわかってあげられる。

何が出来るかはわからないけれど、

理解するということが、

どれだけ大切なことか、

きっとわかると思う。

幸せってそういうものかもしれない。

と最近は思い始めた。

それまで、

憎しみがすべて。

憎み続けることが、

自分が自分であるために、

絶対に必要なことで、

決して愛されてもいけないし、

ありのままで居続けることが、

絶対的な価値だと思っていた。

常に人間の居るこの世界というものを、

俯瞰し、達観し、薄ら笑いを浮かべていたかもしれない。

でも、本心は、

愛されたい。

心の奥底から、理解されたい。

ずっとそうだったのかもしれない。

自分が何かを思い出したのは、

ある人に会ってからだった。

その人は、まだ中学生なのにもかかわらず、

人に対する優しさを常に忘れない。

自分自身は、孤児院で育って、

引き取られはしたものの、

決して、幸せではなかった。

いや、確実に不幸だし、

結局いじめられる原因にもなった。

何にも悪くない、優しくて可愛い女の子が、

そんな家庭で育つということが、

自分には実感がなかった。

でも、いかに自分が幸せかがわかった。

ずっと、自分が一番不幸なんだと思っていた。

そして、その子は、絵もとてつもなく上手いし、

曲作りも上手い。本当に驚いた。

本人は割と田舎が好きらしいし、

自分でこの状況を打破する、みたいな、

僕には決してないような意志もあるらしいけれど、

もし上京する考えがあるなら、

(自分で良いのなら)すぐに家に来て欲しいと思ったし、

それ以上に、単純に好きだっていう感情がある。

まだ会ったことはないけれど。

こんなことを言うと、20歳が何を言う、

みたいな考えにはなるんだろうけれど。

いや、何が悪いのか、と。

自分にない価値あるものをたくさん持っていて、

自分にある、というか、

普通にあっていいようなものがなかったりする。

ずっと孤独を感じてきたから、

自分一人でそれを表現しなきゃいけないと思ったから、

そういう能力が身についた。

よく考えたら、その通りだと思った。

僕は結局の所、打算ありきだったし、

自分は孤独だからお前らとは違うし、

くだらないこの世界で踊ってる奴は全員くだらない、

と思っていた。

その人は僕に、

この世界はもっと楽しいものだ、ってことを、

少しずつでもわかってほしい、と言ってくれた。

本当は、自分が言わなきゃいけないんじゃないか、

と思った。

いじめられては来たけれど、

自分には、

理解して、

支えてくれる親も居た。

絶対に、

一人にはならなかった。

孤独でもなかったのかもしれない。

でもその子は、

僕のことをそんなにまで思ってくれる。

だから、絶対にその子の助けになりたい、

と思った。

今、実際に助けられてるのは自分にも関わらず、だけれど。

孤独だ、と言って誰か幸せになる人がいるなら。

憎しみを話すことで、誰かの支えになるなら。

それはそれで素敵なことだと思う。

そう思えたなら、

孤独も、憎しみも、

誰かの助けになり得ると思う。

絶対、それを必要としている人がいるっていうことはわかるし、

自分にとっては、必要だ。

でも、孤独であっても、一人である必要はない。

人は、出会いによって変わる。

僕との出会いで、

少しでも面白さを感じる人がいるなら、

それでうれしいです。

詩・随筆