メニュー

電車に飛び込んだ人達を非難する人達について

 駅構内で人身事故が起こるたびに、SNS上では、仕事に遅れることを嘆いたり、あるいは、「死ぬなら一人で死ね」「必死に生き抜いているこっちの身にもなれ」「自殺は逃げだ」などという投稿までも数多く見受けられる。

 他人の命よりも自分の都合の方が大事だというのは、もしかすれば仕方のないことなのかもしれない。しかし、いかにして死ぬか、あるいは死ぬということに対して軽蔑の意を表明するというのは、あまりに傲慢ではないだろうか。

 彼らのうち、誰もその死んだ人間を助けなかったのである。そうである以上、彼らによって死に場所を指定されたり、自殺したことに対して説教される覚えはないだろう。マナーを守って自殺するというのは、全くもって馬鹿げた話である。

 自殺者は被害者である。彼らに対して厳しい視線を浴びせるのは、物事を表面的に見過ぎている。彼らを死に至らしめた人間や環境があったのは確実である。とすれば、それをこそ責めるべきではないだろうか。

論説・評論