メニュー

アイドル崇拝をする人達について

 アイドルは決して特別な存在ではない。アイドル以上に可愛い・格好良い顔付きの人も、ダンスが上手い人も、少し探せばいくらでもいる。彼らが特別な存在であると錯覚させることができるのは、大手の事務所に所属するなどして猛プッシュされるなど、権力者の働きかけがあるからに他ならないのである。

 しかしながら、好きなアイドルに貢ぎ、そのアイドルが裕福になったり、人気を獲得していって、メディアへの露出が増えたりすることを、まるで自分のことのように喜ぶ人達は少なくない。自らが貢いだ分、確実に金銭は減っているにも関わらずである。

 その上、彼らはいくら貢いだところで、商品を買ってくれたらほんの少しだけ握手が出来るとか、一緒に写真撮影を出来るとか、その程度の見返りしか得られないわけである。これでは恋人になれるどころか、プライベートで関わり合える可能性さえ皆無である。

 こうした事情を知りながらもアイドルに貢いでいるとすれば、その人はもはやアイドルの奴隷であるし、知らないで洗脳されているとすれば、考えがあまりに浅い。どちらにしても愚かな人達である。

論説・評論