メニュー

プロライフ派が見過ごす「生まれない権利」

 プロライフ派はよく「生きる権利」について主張するが、果たして「生まれない権利」については考慮しているのであろうか。子供は生まれたくて生まれたわけではなく、親が強制的にこの世に誕生させただけなのだから、本当に子供の視点に立とうとするのであれば、「生まれない権利」についても考えるべきであろう。

 また、彼らはよく「中絶は殺人である」と主張するが、子供は誕生した時点でいずれは「死ぬ」ことが確定しているのであって、生まれたとしても親が「殺人」を行ったことに変わりはない。しかも、望まない妊娠をし、妊娠中絶を望む女性から産まれた子供が、果たして幸せに生きていくことができるのかと考えた際に、必ずしも中絶が「子供のため」に悪いとは言い切れないだろう。不幸な人生を歩むよりも、生まれない方が「子供のため」だとは考えられないだろうか。

 しかも、もし幸せに生きていくことができたとしても、あらゆる親が、子供の代わりに辛い経験をすることも、死ぬこともできない。命は大切であるが、生まれた後の責任を取ることはできず、「命さえあればそれでいい」というのでは、あまりに短絡的な考えである。「生まれなければよかった」と子供が思ってからでは既に遅いのである。

 にも関わらず、彼らはそのようなことを考えることなく、「子供はこの世に生まれるべきだ」「この世は(死ぬことも含めて)生きていくに値する」という前提を疑うことなく、あるいは疑いながらもそれを隠蔽しながら、自らを正当化し続けている。あくまで表面的に「命の大切さ」を訴えるだけであり、子供のことを深く考えているようでいて、実は全く考えられていないのである。

論説・評論