メニュー

コスプレ界隈における「意見の押し付け」と「嫌いなコスプレイヤー叩き」の奇妙な一体感について

 どのように、どのような理由でコスプレをしようが、それは個人の勝手である。にも関わらずコスプレ界隈では、無駄に目的意識があって仕切りたがりなコスプレイヤーが、コスプレイヤーとしての「正しい在り方」や「マナー」について語り、他人に押し付けようとすることは少なくない。

 例えば、キャラクター愛がなければコスプレをするべきではない、目立ちたい・有名になりたいといった理由でコスプレをするべきではない、イベント会場で過度な露出をするのは不適切である、などといったようなものである。

 そしてそれらは、嫌いなコスプレイヤーを叩く理由として極めて役立ち、実際には単なる「嫉妬」であろうとも、それを隠蔽するために活用できる。その上、表面上は「真っ当」な意見であるため、賛同する人も増えやすく、もっと言えば、拡散されて「売名」するためにも活用できることになる。

 そうした事情があるからか、特別な意図はないが自分の意見を押し付けたいような人と、嫌いなコスプレイヤーを叩くために、あるいは単純に「売名」のために、彼らの意見を悪用しようとする人が混ざり合って、奇妙な一体感を醸し出している。

論説・評論