メニュー

動物愛護について

 「動物愛護」を訴えかける人のほとんどは、「愛護」するべき「動物」はあくまで保護のための法律が制定され寄付金も集まりやすい犬猫やイルカなどの人気がある「愛玩動物」に限ると考えているようである。しかし、牛や豚などの家畜や魚もまた「動物」である。にも関わらず、彼らの中に家畜の肉や魚を平気で食べたり「愛玩動物」にそれらを与えたりする人が少なくないのは、全くもって滑稽である。もし平気ではないとしても、可哀想だがそれらは死んでも構わないという暗黙の了解があるからこそ、自分の好きな「愛玩動物」に関しては「愛護」を訴えかける一方で、家畜や魚に関しては黙認しているのではないだろうか。「愛玩動物」の食料になっている場合は尚更であろう。さらに虫を「愛護」しようとする人はもっと極端に少ないであろうし、特に害虫に関しては「愛護」する人はおそらく皆無であろう。そうでないとすれば、害虫駆除剤などに関して苦言を呈する人が数多くいてもいいようなものだが、そうはなっていない。実際のところ、それらを「動物」だとあまり意識することなく殺している人も多いだろう。

 もし全ての「動物」を愛護するつもりがないのであれば「犬猫愛護」や「イルカ愛護」などと言うべきであろう。知能が高い動物は殺してはいけないという理由で選別している人達にしても、極めて恣意的であり、この考えでいけば豚も愛護される必要性が出てくるように思うのだが、相変わらずイルカばかりが犬猫と同様に特別扱いを受けている。しかも、知能が高くなければ、つまり馬鹿であれば殺してもいいというのは、全くもって人間の都合でしかない。こういった人達が、家畜の肉や魚を食べ、あるいは「愛玩動物」にも与え、害虫を駆除しながらも「動物愛護」などと名乗って素晴らしいことをしているかのような素振りをしているのは、全くもって許し難いものである。いくらそのように取り繕っても、実際のところは自分が好きな動物を贔屓して可愛がっているだけであり、それを正当化しようとしているだけのことであろう。

 しかも「動物愛護」があくまで「愛玩動物」の「愛護」なのだとしても、果たして彼らの行為が必ずしも「愛護」であるのかは疑問である。犬猫に関しては、「飼われていない」状態がいかにも「悪い状態」であるとして飼うことを正当化しているように思われる。外に出られる状態であればまだしも、完全に家から出られない状態にしておくとするならば、それはもはや「拉致・監禁」だと言えるだろう。飼われていなければ食料にありつけるとも限らないというのも確かであるかもしれないが、だからと言って話の通じない相手に対してそれを強要するのは人間による勝手な判断である。家中を歩き回れる犬猫ならまだしも、特に鳥かごに閉じ込められた鳥類や水槽に閉じ込められた魚類は全くもって悲惨である。また、育てられないがために殺処分される数を減らすために、不妊手術をしたりして繁殖制限することを推奨する人達は多く、これに関してはある程度の正当性があるようにも思えるのだが、人間による勝手な判断であることに変わりはない。

 とはいえ、必ずしも「愛護」の方法が適切ではないとしても、おそらく該当する「愛玩動物」は多くの場合において救われることになっているのであろうし、保護するための法律が制定されれば尚更である。しかしながら、人間でさえも貧しい人は多く、餓死する人さえも少なくない状況の中で、「人間」ではなく「愛玩動物」を優先的に愛護しようと「人間」社会の中で訴えかけるのだから、全くもって愚かであり傲慢である。「動物愛護団体」という極めて胡散臭いものも含め、彼らのような人達の中には、人間の命よりも愛玩動物とりわけ犬猫の命の方が大事だと考えている人は少なくないだろう。愛玩動物のために人間が苦労してそれらを救って当然だと考えているような輩は、もはやそれらの「奴隷」である。愛玩動物の命が不当に奪われているため募金してほしいという旨を堂々と演説している輩などは、あらゆる動物の生殺与奪の権利を我々人間が持っていると言いたげであり、全くもって気味が悪いものである。