メニュー

宗教について

全ては自分教に変換される

特定の宗教を信じていようと、無宗教であろうと、それらをどのように解釈するかは、自らに委ねられる。ゆえに、特定の宗教も無宗教も、全ては自分教に変換される。そのため、全人類が自分教を信じていることになるのである。

日本における宗教の在り方

無宗教という不可解さ

日本では「無宗教」と答える人が大勢いる。にも関わらず、彼らの大半は宗教行事に参加しているようである。確かに、特定の宗教を意識的に信じている人は少ないのだろう。しかし、無意識的に神道を信じてしまっている人が大半であり、同時に仏教やキリスト教の文化を受け入れている。このような状況を「無宗教」ということこそが、まさしく信仰の証と言ってもよく、言葉を変えれば「日本教」とも言えるかもしれない。

スポット参戦させられる神

何か困ったことがあったり、お願いごとをするときにだけ、突然「神頼み」する人達が少なくない。普段は「無宗教」と言って、都合良く「神」が登場してくるわけである。彼らはそのような程度の信仰心で、ましてや現世利益のために、神が願いを叶えてくれるとでも思っているのだろうか。